英語力に自身のある方はこんなお仕事どうでしょう?

英語ができる人は海外就職を視野に入れて就職活動をしてみてはどうでしょうか? - 英語力も技術力も発揮したい方に

英語力も技術力も発揮したい方に

英語力に自信があるという方の中で、さらに技術にも自信があるという方もまたいらっしゃることでしょう。
今では、資格試験などにアクティブな方も多いので全てを活かすための求人を探したいということもあるかと思います。
そこで、英語力が求められる技術職として考えられるのが「IT業界」なのです。

どのような職種なのか

システムエンジニア・ネットワークエンジニアなどさまざまな職種があります。
具体的な部分について触れていくと、自社や客人のシステム開発や運用などが主な業務内容となっています。
近年では、海外企業と定型を結ぶということも多くなっており、英語力を求められる業務が広がっているともいわれているのです。
日常英会話から専門用語への見識・ビジネス英会話なども身に着けているとさらに有利に働いてくれることでしょう。

英語力の目安とは

分かりやすくTOEICで言えば、600点から700点以上がその目安となるでしょう。
最低限の英語力でよいとされている企業の場合は、500点台でも問題ないと言われています。

実力主義を好む方にも

このような業界では、実力主義傾向の企業も増えつつあります。
ですから、自らの力を十分に発揮したいという方・働きながらさらにスキルやキャリアを積んで生きたいという方にも良い職場環境といえるでしょう。

人気の業種IT業界

近年では人気の業種ともなっているIT業界。
男性の世界という印象をお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、女性も十分に活躍できる場所でもあるのです。
英語力も活かすことが出来ますし、技術力も発揮することが出来ますので、アプローチをしてみるのも良いでしょう。
求人詳細に英語力の基準が書かれていることもあるかと思いますので参考にしてみてください。

関連する記事